忍者ブログ

ああん?メルマガの文例が知りてぇだぁ?『まずはこちらをお読みください』

メルマガの文例もお教えしますが、それより大事な『大仏』と『カエル』の手書きブログを是非ともお読みくださいませ。いわゆる『えんたま』ってやつですね。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社長の選び方

初月で赤字を出しても、2ヶ月目から8割くらいが粗利なので、儲かるんだよね。しかし10年間買い続けてくれることはほぼないよね。僕らは10年の継続収入を考えまくった。発想を変えなきゃいけないんだ。最終結論は会社に投資して、会社が継続的な収入を上げ続ける限り、僕らにリピートで収入が入るようにしたんだ。僕達が役員報酬になるんだ。会社を作って、社長に誰かをつけて、自分たちが役員になる。それで10年間継続収入を得ようって考えたんだよ。これがね、株とかになったら、せいぜいインカムゲイン程度じゃん。ちょこちょこ配当をもらってもたかが知れている。だから役員として入って役員報酬をもらうって構造にした。僕らじゃない人間が社長になって、僕らのやることは会社を後押しする。じゃあ社長をどうやって選ぶのかが問題になる。
PR

フロントエンドを3つ置いておくってすごくない?

プロモーションをする前の段階にあるビジネスモデルの前提・ベース部分についてお話をします。フロントエンド1で198000円の商品、フロントエンド2で94,500円、フロントエンド3で49万円を売るって決めたけど、思考方法の順番は3>2>1なんだよね。ゴールからスタートしているんだよね。で、ゴールは10年続く継続収入は何だろうって考えていたんだよね。たとえば1つは通販だよね。ビジネスノウハウを伝えるものってのは、単発に近いモノ。10年間情報を提供し続けるってやっぱり難しくない?でも通信販売なら継続的に購入してもらうことは可能じゃん。で・も!やっぱり1人のお客さんから10年間買い続けてもらうことは難しい。それでも通販が良いかって言うと、継続購入してもらいやすいんだよね。

ギャンブル開運系の商品コピーってやばくない?

あと『ギャンブル系に出ている開運の商品』、この2つを見るともう完璧。彼らは漢字がいいか句読点がいいか、この色がいいかどの色がいいか?ってことをずーーっとやり続けている。彼ら巧妙にやっているんだよね。返金保証に見せて全然返金保証になっていないみたいな(笑)。最初はBefore・Afterで「ブス→可愛い」よりも、Before・Afterで「終わっている人→普通の人」の方が反応率上がるんだよね。みんな可愛くなれるって思えないんだよね、普通の人になるって方がリアリティがあるわけじゃん。Amazonを見れば「これを買った人はこんなものを買っています」ってそのままパクればいいいじゃん。あのデータベースをこっちが使えるんだからね。大事なのは小資本の人が大資本のテストマーケティング結果だけをもらってくるってことなんだよね。

ちなみに雑誌広告は3000万円くらいだよね。もちろん定価で打っている人はいないですよ。まあそんだけお金をかけて出しているものを、僕らがただで見れるんだから、見よーよ(笑)。

広告って生きているテストマーケティングの結果だよ、見ないわけないしょ

そう、解法部分を実践部分として商品を売るんだよね。法人相手に情報コンテンツ・塾が可能だよね。次はチラシだよね。チラシで100億円いくんだよね。フロントエンドだけで95%売るんだよね、それが100億円だからマジですごい。雑誌って目の動きはZだよね。だからZの上の部分でキャッチコピー、Zの下の部分で住所とかだよね。1年間広告を打ち続けている広告を追っていくと、パズルで当てはめるみたいにして広告を作っていくんだよね。で、安い媒体に投げてみて反応率を図るんだよね。で、メインメディアに投げる時は、一軍の広告だけをバンと出すって感じだよね。簡単じゃん。一軍の広告を全部集めてくる。それを分析してみる。BookOffにいったり、図書館に行ったりして『ダイエット系』のものを全部集めてくる。

コピーやセールスレターは全部見せることがすんごい重要だね

これはFAXによらず、WEBもそうなんだけど、ノウハウ(理論部分)をコピーの中で出しまくるんだよね。そのコピーが書けるようになると、成約率を上げられる。わかる?無料オファーの段階でどれだけ売上を上げられるかが勝負じゃん。無料なのに理論を全てだしてしまうと、相手の信頼度を簡単に勝ち取れるよね。そう、ひな形がかなり強かったら理論を全部見せても全然オッケーじゃん。僕はかつてTOEICのスコアを上げる方法を自分で教えていた。で、メルマガや無料オファーなどで全てのノウハウ先に全部渡していたんだ、そう理論の部分ね。だけど、情報カードはどんな種類のものを買えばいいか?どういう風に新公式問題集を解いてゆけばいいか?という実践部分(解法)の方が一切出さなかった。

カレンダー

07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ